三郡山950m

     宍粟市一宮町黒原   ROUTE

     国道29号線宍粟市一宮町安積橋信号で県道6号線に入り、途中から国道429号に乗り継いで一宮町黒原で「黒原川
     源流」標識の方向に左折して急坂を上っていき、黒原浄水場前の空き地に駐車する。      

     2018/10/31 晴れ   MAP  

     コースタイム(周回) 駐車地点-(100分)-三郡山-(20分)-黒原山-(45分)-奥組山-(45分)-駐車地点  合計 3時間30分

     yamayaさんのヒマ山隊5人で登る。
     10時15分:駐車地点を出発し、舗装路を上っていく。  
   
     林道に入るとすぐ左手に現れる登山口標識から登っていく。  
   
     はじめのうちはルートがわかりにくいので、標識を見落とさないように進む。
     「ショートコース」と「右回りコース」との分岐標識は、左手の右回りコースを取る。  
   
       植樹林の急坂を20分耐えると、傾斜が緩み自然林になる。
   
     高度を上げると色づきが鮮やかになる。  
   
     快適な尾根歩きが続く。  
  
     案内標識と赤テープを外さないように尾根を歩いていく。  
   
     11時30分:872PKを通過。  
   
     11時55分:三郡山山頂に到着。植樹林の中なので、すぐ北側の展望地へ。  
   
     樹々の間から、西側に三久安山。                   その右手に藤無山が見渡せた。  
   
     12時35分:昼食後出発。  
   
     見事に紅葉した極楽尾根。  
   
     12時55分:2等三角点のある黒原山に到着。  
   
     快適尾根は続く。  
   
       
   
  
  
     13時25分:図根三角点を通過。
   
      このあたりは寂寥感漂う庭園の雰囲気があった。
  
     テープを見逃さないように左手の尾根を下っていくと、13時40分、奥組山846mに到着。  
   
     眼の前が開け、笠杉山-千町ヶ峰-大段山の稜線が現れた。  
  
     14時:下山開始。  
   
     尾根を約150m下ると、作業道に出合う。標識に従って下っていくと、ミツマタの群生地。  
   
     荒れた作業道を下ると、14時40分、車で上った舗装路に出会い、この道を5分で駐車地点に帰着した。  
   
     三郡山山頂は眺望のないところだったが、尾根歩きの大半が紅葉の自然林で、素晴らしい紅葉ハイキングだった。  
   
  播磨の山へ