笠形山939m

     神崎郡神河町根宇野  ROUTE

     播但連絡道神崎南インターからグリーンエコー笠形のオウネン平の駐車場へ。           

     2018/9/23 晴れ  MAP     

     コースタイム(周回) 駐車場-(35分)-砂防ダム-(60分)-入渓地点-(30分)-唐滝-(110分)-登山道と合流 
                  -(25分)-笠形山山頂-(55分)-登山道と合流-(25分)-駐車場          合計 5時間40分

     山仲間4人で、唐滝の沢から登り、北尾根から下山する予定で出発。
     8時50分:駐車場横の植林帯を横切って沢沿いの林道へ。  
   
     沢沿いの林道を約30分歩いていく。  
   
     ジャケツイバラのトゲに気をつけながらシダをかき分けると、倒木に覆われた3段目の砂防ダムに到着。
     倒木を乗り越えたり潜ったりしながら進んでいくが、倒木帯は3年前より長くなっている。       
   
     右手に沢を見ながら入渓地点を探すが、なかなか降りれる所がない。
     先人が巻いた青テープを辿っていくと沢から離れていくので引き返す。
     ようやく沢に入れる地点が現れたのでそちらに下っていると、後方で悲鳴が上がる。
     何と、後続者がスズメバチの群れの攻撃を受けていた。
     一人は5箇所、もうひとりは2箇所刺されていた。      
   
     沢に降りて、水で冷やしたりしながら暫らく休憩して様子を見る。
     10時25分:痛いながらも何とか歩けるとのことなので出発。   
   
     水際を探しながら上っていく。  
   
     10時50分:唐滝に到着。水量が多いので、轟音が響きわたっている。  
      
       奥深い自然の中でひと時を過ごす。 
 
    滝を巻いて上部に上がり、見下ろす。  
  
     11時20分:滑滝帯を遡行開始。ここから気持ちのいい沢歩きになる。  
   
     水の中を歩いても、登山靴の中まで浸かることはない。  
   
     滑滝帯はまだまだつづく。  
   
     12時15分:滑滝帯が終わり、倒木帯になる。  
   
     12時35分:一服滝から左手にルートを取り、傾斜の緩やかなところを登っていく。  
   
     12時45分:一般道に出合う。  
   
     笠の丸からのルートと出合い、最後の急坂を登る。  
   
     13時10分:山頂に到着。  
   
     千ヶ峰方向の展望。  
  
     高御位山は肉眼では見えていた。  
  
     14時:北尾根から下山。                    14時35分:PK812m。地籍調査のリボンで華やかな 標柱。
   
     PK812mから下っていく。                         12時50分:一般道に合流。
   
     15時:3合目。  
   
     15時20分:登山口に下山。季節のいい連休中なのでバンガローは賑わっていた。  
   
     途中、ハチの攻撃を受けたが、何とか登ることができた。
     素晴らしい沢ルートだが、最近の豪雨続きで沢が荒廃していくのが残念である。  
   
    2006/2/19(神河) 2008/2/19(神河) 2010/1/16(神河)  2010/10/24(縦走) 2011/12/24(八千代) 
2015/1/10(神河)   2015/2/10(神河北尾根)  2015/9/12(神河沢ルート)   2017/2/12(神河北尾根)  
   
  播磨の山へ